""

施工事例

 リビングをパネルスクリーンと折れ戸で仕切って、省エネ・節電 

タチカワブラインドのパネルスクリーン取り付け

東京都江東区S様のご依頼で、パネルスクリーンと折れ戸を設置いたしました。

上の写真がパネルスクリーンです、窓まわり商品の一つですが、このように間仕切りにもオススメ。
パネルスクリーンは、ロールスクリーンと同じファブリック。シャキッとした素材感、スッキリとした仕上がり。
そう、スタイリッシュ!!

このようにリビングとキッチンを仕切る。
突然の来客の場合、ササッと閉めて目隠しにも重宝。
また、省エネ効果も期待、節電にも一役。
この製品はタチカワブラインドのパネルスクリーン、以下が仕様です。

""

下地設置

取り付け位置に補強板。
天井はどこでも取り付けOKとはいかないので、取り付け位置は慎重に。

補強板を取り付け後、周りと同じ壁紙を貼り、この補強板にパネルスクリーンのレールを取り付けします。

""

パネルスクリーン

取り付け完了後。

4枚パネルを左側に寄せて、全開した状態です。
生地はウォッシャブルタイプですので、外して洗うこともできます。

""

パネルスクリーン

パネルスクリーンは横にスライドして開閉。
パネルの両端に設置したバトンを使って開閉します。

スクリーン生地の下部に重しが入っているので、フワフワしたり舞い上がったりすることもないですね。

""

パネルスクリーン

全閉の状態です。
遮光生地ではないので、キッチンも程よい明るさが保てます。 上部のレール部分は、脱着が簡単なマジックテープ仕様です。

""


パネルスクリーンについて詳しくはパネルスクリーンのページをご覧ください。

ページのトップに戻る


アズウッドペアパネルタイプVS

リビングにはもう一つ仕切りを設置しました。
1階へ降りる階段口に折れ戸。

こちらは、パネルスクリーンと違ってきっちりと仕切る。
省エネ効果もかなりなはず。
そう、1階から入ってくる冬の冷気も抑えられます。

壁面カマチセット(オプション)
また、取り付け位置の環境を整えるために、上部に補強板を設置、壁との段差調整材。
それぞれ同じ壁紙のビニールクロス仕上げですので、周りとの違和感はないでしょうか。

""

取り付け前の階段口

2階リビングの階段口。ここに折れ戸を設置いたします。

""

上レールと両サイドの壁面カマチ

折れ戸を吊り込む前。両脇が壁面カマチ、上部がレール。
天井補強板はビニールクロス仕上げになっています。

""

壁面カマチ

厚み3mmの下部レール。
巾木のままですと段差ができますので取り外し、壁面カマチを床まで通します。
もちろん巾木は後でカットして貼り付けます。

""

壁面カマチ

反対側の壁。

こちらも段差がなくなるよう、段差調整材が入っています。
階段口は、下部に巾木があったり、井に下地がなかったりすることが多いのです。
そのままを取り付けできることは、ほとんどないでしょうか。

""

アズウッドペアパネルタイプVS

このように、間仕切り設置は周りを整えてからでないと難しいですね。

詳しくはパネルの間仕切り、タチカワブラインドのアズウッド ペアパネルタイプVSをご覧ください。
タチカワブラインドのHPもご覧ください。

""

お問い合わせ

ご相談・お問い合わせや、お見積り依頼・出張見積依頼などさまざまなお問い合わせについては、お問い合わせのページをご覧ください。

ページのトップに戻る